恵梨香の幸せ:勤務医の不思議な就職

出石への行き帰りは五時間ぐらいかかるから、その途中で康太に初婚前の最後の恋人について聞いてみたんだ。でも、あれだけ何でも話してくれる康太が、「何人かいた恋人の一人だよ。恵梨香だっているだろう」 いないのが悔しいけど、一般的にそうなのはわかる…

恵梨香の幸せ:出石の皿そば

さて今日の目的地は出石だけど、まずは六甲山トンネルを越えて六甲北有料道路に。これを終点まで走ると神戸三田ICで中国道に入るのよ。そこから吉川JCTを経て舞鶴道に入る。 春日ICで降りて北近畿豊岡自動車道に乗り遠阪トンネル抜けて山東ICを下り…

恵梨香の幸せ:お出かけのルール

康太とのお出かけにも注意点があるんだ。それは、『さっさと出発する』 康太が起きる時刻は休日でも殆ど変わらないのよね。そこからシャワーを浴びて、朝食を摂って平日なら出勤なんだけど、休日にお出かけとなると同じペースで出発するのが理想みたい。 も…

恵梨香の幸せ:康太の最後の恋人

理恵先生が帰ってから、「康太、あれでサヨナラしてイイの?」 康太はカクテル・グラスを傾けて、「ボクには恵梨香がいるからね」 そりゃ、奥さんの目の前で二人で消えるわけにはいかないだろうけど、なんか、どう言えば良いか、これで良いけど、良くない気…

恵梨香の幸せ:理恵先生

今日は土曜日。晩御飯を食べに行ってから、いつものバーに。このバーはカウンターの他にテーブル席もあるのだけど今日はそこも入ってた。まったり二人で飲んでたのだけど、テーブル席の方から女が一人歩いてきた。御手洗と思ったら、いきなり康太の肩を叩き…

恵梨香の幸せ:披露宴

隆行と言うか浜崎の家がやろうとしているのが披露宴。正式の披露宴じゃないけど、親族に婿である康太を紹介する宴会って感じかな。結婚前に両家の親族が顔合わせでお食事会の拡大豪華版としても良いかもしれない。 これをお稲荷さんの祭りの日にぶつけるプラ…

恵梨香の幸せ:祭りの準備

恵梨香の故郷にもお祭りがあるのだけど、秋は鎮守の八幡さんで、だんじりも繰り出す賑やかなもので恵梨香も子どもの時は楽しみにしてた。それ以外に春にもある。この春祭りが少々どころでなく問題。 お稲荷さんなんだけど、〆平家の先祖が勧進したらしくて、…

恵梨香の幸せ:元婚家

そうそう元婚家の名字は、『〆平』 これを『しめひら』と読む。珍しい名字だと思う。江戸時代には苗字帯刀を許されていたってのを自慢してたよな。恵梨香にしたら、それがどうしたぐらいにしか思わなかったけど、とにかくイヤミの材料に使われまくったから、…

恵梨香の幸せ:恵梨香の実家

恵梨香も聞いただけの話だけど江戸時代の百姓も身分差があったんだって。まず上に来るのが本百姓。自分の土地を持っていて家屋敷があるタイプだけど、年貢を納めてるぐらいかな。 これに対して水呑百姓は自分の土地を持たない小作人で良いと思う。年貢は免除…

恵梨香の幸せ:誘拐事件

アナフィラキシー事件の後だけど旦那さんの怒りは、あれぐらいで収まらなかったんだ。だからだと思うけど、旦那さんは自分の実家と完全に縁切りしちゃったんだ。そんなもの出来るかと思ったのだけど、入婿になって姓を奥さん側に変え、さらに養子縁組もした…

恵梨香の幸せ:アナフィラキシー騒動

その日は日曜日だったのだけど、康太と一緒に買い物に出かけて、地下駐車場からエレベーターで二階の廊下に出た時だった。物凄い悲鳴みたいな声がお隣さんから上がったんだ。『人殺し!』 恵梨香も康太も驚いたけど、声が聞こえたお隣さんに。そこには口の周…

恵梨香の幸せ:アレルギーのお話

お隣さんの息子さんが強度の卵アレルギーなんだ。それこそ少しでも入ると全身が真っ赤になるだけでなく、呼吸困難まで起こすと言うから重症と思う。だから食事には気を付けてるし、なんだっけ緊急用の注射まで持ってるんだって。 お隣さんは姑さんと別居なん…

恵梨香の幸せ:不倫問答

さてだけどイヤミ攻撃が静かになった派遣の女だけど、康太から妙な手紙を見せられた。とりあえず封筒から妙で郵送じゃないんだよ。「これで百万円寄越せって」 なんちゅう女だよ。こんな件で康太に迷惑かけるのは許せないと思ったよ。どう落とし前を付けてや…

恵梨香の幸せ:派遣の女

恵梨香のやってる業務は窓口業務。ATMになってから預金や引き出し、振り込み業務は減ったけど、金融自由化になってるから保険や投資信託、公共債などの提案や販売もやってるぐらいのイメージで良いと思う。 恵梨香はこれでも主任だから、事務チーフとして…

恵梨香の幸せ:すき焼きグルメ便

ボスママの被害は恵梨香はまだ少ないのよね。平日の昼間はいないし、子どももいないから。でもお隣の奥様はゲッソリしてた。ボスママだって一人でいてくれたらまだしもなんだけど、なんだかんだとママ友の集まりに入り込んで来るんだって。 ああいう人種って…

恵梨香の幸せ:マンションのボスママ

康太のマンションは十二階建てだけど、ワン・フロアに二部屋ずつのこじんまりしたもの。一階はエレベーター・ホールとか、郵便受けとか、宅配ボックスがあるので二十二部屋と言いたいけど、最上階は一部屋になってるから二十一部屋。 周囲は閑静な住宅街。マ…

恵梨香の幸せ:結婚式の主賓

康太の親戚、クリニックとクリアしてホッとしていたら、康太に電話。「・・・やっぱりそうなるよな。嫁さんに相談してみる」 聞くと康太の可愛がってた後輩の結婚式。医者の結婚式って教授とか院長とかの錚々たるのが主賓として招かれるのだけど、後輩も既に開…

恵梨香の幸せ:院長夫人の役目

そうそう食器も買い足してる。つうか、康太は離婚の時にすべて食器を置いてきてるのよ。一人暮らしになってそろえてるけど、必要最小限で、主力は恵梨香の持ってきた食器。これもあんまり良いのじゃないのが多くて、「恵梨香の好きな食器をそろえたら良いよ…

恵梨香の幸せ:康太の好き嫌い

康太にも食べ物の好き嫌いはある。だけど妙に影響が大きいのはお袋さんの気がする。そりゃ、母親が子供に大きな影響を及ぼすのは当たり前だけど、あんまり良い方になってない気がしてならないのよね。 お袋さんは頭の良い人だった。だってだよ薬剤師の資格を…

恵梨香の幸せ:お袋さん

親戚付き合いは叔母さんだけなのだけど、これは康太が親父さんが亡くなる頃からそうだったみたい。「お袋がな・・・」 お袋さんは神戸から嫁に来た人なんだけど、まず嫁姑戦争を起こしたで良さそう。戦線はすぐに拡大して嫁小姑戦争、つまりは叔母さんともやら…

恵梨香の幸せ:親戚付き合い

結婚したらセットで付いてくるのが親戚付き合い。だけどこれまた異常なぐらいスッキリしてる。まず両親はもういないし、康太は一人息子。一番ウルサイ存在になる舅姑、小舅・小姑がいないってこと。 一番近い親戚が叔母叔父になるのだけど。これが父方の叔母…

恵梨香の幸せ:新婚生活

再婚だけど新婚の恵梨香だよ。結婚生活って相手の新しい発見でもあるって思ってるけど、やっぱり実際に一緒に暮らしてわかることは多いと改めて思ってる。たとえば恵梨香が仕事を続けるように望まれた理由。 康太は小児科医だけど開業医。そこに病児保育施設…

次回作の紹介

紹介文としては、 康太と結ばれ結婚した恵梨香は幸せ一杯の新婚生活をスタートさせます。それは恵梨香にとって夢のような生活です。経済的にも余裕がありますし、旦那の康太も理解があるどころか積極的に新婚家庭を築き上げるのに協力してくれます。 なによ…

皇女の結婚ムック

あくまでも気になっただけの話ですが、女性皇族の扱いがどうなっていたかを軽く調べてみました。現在は皇籍離脱後に結婚ですが、律令制が皇室に残っていた江戸期以前はどうだったかです。現在残っている最古の記録は養老律令の継嗣令となっており、まず 天皇…

漢文の話

歴史ムックに熱中している時に日本書記とか、魏志倭人伝とか、吾妻鑑とか、玉葉とか、播磨風土記と格闘してました。漢文の素養と言っても高校までの授業レベルでして、無理があると言えば、無理があると痛感してました。 あの頃に考えたのは、漢文だって当た…

スクータートラブル

とある朝ですが、スクーターのエンジン始動のためにセルボタンを押すと、 グシュッ 動きません。キックでかかったので実用的には困りませんが、セルで動いてくれた方がラクチンです。こういう事態は前にもあり、その時は一番ポピュラーなバッテリーの衰えで…

コロナ対策の流れみたいなお話

ぐっとぐっと引いて見るお話です。コロナ禍に対する考え方には2つのグループがあると考えます。 感染対策優先派 経済対策優先派 どっちが良い悪いの話じゃありませんが、感染対策、とくに徹底的なものになると、とにかく人を動かさず、人に会わせないになり…

五輪はどうなるのかな

政府も本音はともかく表向きは断固たる決意で開催のようです。まあ、巨大な建設費をかけていますし、開催による様々な利権、逆に中止となった時の損害賠償問題とか色々あるのだと思っています。 ですが現実として選手団を派遣できる国がどれほどあるかは疑問…

コロナワクチン接種計画

下書きを書いているうちに次々に情報が増えて、まとめるのに往生させられました。とりあえず参考にしたのは、 12/18付新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保について 1/16付ワクチン接種、全国1万か所拠点に…氷点下75度の超低温冷凍庫を配備 1/19付ワ…

黄昏交差点:あとがき

今回の作品の大きなテーマとして天使と女神シリーズから一度離れたかったのがあります。それと大人のラブ・ロマンスも書いてみたかった。処女作に近い天使と女神の時に一度書きましたが、原点に戻るぐらいの気持ちかもしれません。 モチーフに使ったのは自分…