次回作の紹介

紹介文としては、 エレギオン・グループは社会還元事業の一環として、南太平洋のたった人口1万人の小国ツバルへの援助を長年行っています。その事業の完成祝典に呼ばれたコトリですが、突如中国が潜水艦で攻め寄せてきます。軍隊どころか警察も三十人程度し…

ロマンス・リサーチ2

参考資料で受けそうなパターンを漁っていたのですが、高校生活の描写にイジメは良く使われています。この辺は学生や社会人でも出てきますから、ポピュラーなんでしょう。 イジメのパターンも様々にありますが、なんとなくデ・ジャブーがあります。そう、どこ…

ロマンス・リサーチ

小説連載のストックはまだまだあるのですが、新作で行き詰っています。それでも漠然と構想はあってラブ・ロマンス路線にしたいと言うのがあります。それも高校生ぐらいの甘酸っぱいお話です。思い思われ、振り振られ的な感じです。そこで問題になるのが、 ジ…

鉄オタじゃない

諸般の事情でクルマを手放してから、公共交通機関を利用して動いています。平たく言えば電車とバスです。これも使い慣れると有用です。私も田舎者ですから、都市部の公共交通機関は便利なものだと実感しています。 田舎で電車バスを利用して動こうと思えば、…

大津の宇佐八幡宮ムック

大津の宇佐八幡宮は社伝によると源頼義が治暦元年(1065)に創建したとなっています。ふ~んてなところですが、次に湧いた疑問が、どうして頼義がこんなところに神社を作ったのだろうです。 頼義は頼信の子、河内源氏の二代目で八幡太郎義家の父です。平忠常…

おっさんライダーの独り言

二輪より四輪が好きなのですが、諸般の事情により二輪というよりスクーターに乗っています。リアケースも付けて実用性は申し分はありませんが、やっぱりツマラン。街乗りするには十分な走行能力はありますが、峠を越えるのが辛すぎます。 これではわかりにく…

時をかける少女

シックス・センスは名作って聞いたことがありましたが、www.youtube.com なるほどと思った次第で、そういうオチにしたのかです。似た映画でパッセンジャーズもあり、www.youtube.com 評価としてはシックス・センスが上で良さそうで、パッセンジャーズは二番…

ああ見えてるのかも

映画のあらすじ紹介のYoutubeにはまってたのですが、2015年のスウェーデン映画です。,www.youtube.com 映画自体は感動のストーリーで出来も秀逸のようです。その辺はあらすじ紹介だけではわかりにくいのですが、ハリウッド版のリメイクも予定されてるとかな…

なまった体

去年の秋山が終わった後から恒例でもありませんが、ジムが中断してました。言い訳すれば冬はさすがに忙しかったのはあります。ですから春山に向かって体力づくりが必要なのですが、ジムって一度中断すると再開へのエネルギーは多大なものを要します。 1月に…

ミサトの旅:あとがき

今回のお話は、劇中劇と現実が同時進行する形式に挑戦してみました。発想としては面白かったのですが、書いている方としては、二つの話を考えているようなもので、案外手間がかかりました。 それと劇中劇は映画を使いましたが、これまた撮影現場なんか見たこ…

ミサトの旅:エピローグ

喫茶北斗星にも久しぶりに顔を出したけど、思いっきり冷かされた。でもみんな嬉しそう。もっとも平田先輩には、 「ちょっとはセーブしてくれよな。彼女いない歴更新中のオレには目の毒や」 妬かない、妬かない、欲しけりゃ、自分で探してね。 「お~い、チサ…

ミサトの旅:幻の写真小町

あの映画だけどクランクアップされたじゃない。だから正月ぐらいに公開になるかと思ってたら、ゴールデン・ウィークに向けての公開だって。いわゆる編集ってやつ。これでも今では早い方らしくて、CGを多用した作品なら一年以上もザラらしい。 四月に入って…

ミサトの旅:初デート

映画のラストはドラマチックだったけど、ヒステリックになったのは前期試験。毎度毎度の事だけど、どうして試験前になると、ああなるのかな。追試が三つで済んで良かったよ。後期試験こそ、そうなりませんように。 今日のミサトは思いっきりおめかし。初めて…

ミサトの旅:女神に選ばれし男

「さすがはコトリちゃんだな。知恵の女神はダテじゃない」 「そうでもないで」 コトリちゃんには感謝している。わたしは尾崎の心の傷を癒すカギは高校時代にあると見ていたのだ。もちろん小学校時代に遭ったイジメが最大の原因だが、その傷を尾崎は時間をか…

ミサトの旅:テイク2

滝川監督の口から聞こえたのはテイク2。つまりは撮り直しってことだけど、台本もらってないよ。それにミサトが教室にいる状態からテイク2って、どうするって言うの。 そうしたら、どういう仕組みになっているのか、わからないけど、教室のセットが見る見る…

ミサトの旅:ラストシーン

固唾をのんで受け取った今日の台本。そうそう、昨日は初戦審査会で落ちた知らせで部員が嘆き悲しむのシーンで終わったけど、ちょっと切り方が不自然な気がしてたんだ。それを受けて部長役のミサトが何か言うはずじゃない。 そのシーンをあえて翌日に回してた…

ミサトの旅:意外な展開

映画のストーリーは部長役と副部長役の激突から、岩鉄顧問の収拾に進んだのだけど、そこで一件落着にならなかった。激突後に不協和音が生じる展開になったんだ。そうしないと話に深みが足りないのはわかるけど、滝川監督が使ったのはやっぱり恋だった。 写真…

ミサトの旅:もう一つの世界

映画の中の写真部は摩耶学園時代とは似てる部分と違う部分があるんだよね。一番違うのは、あの時はミサトがトレーニングすればするほど、部員の心が離れて行ったんだ。でも映画では、もっと部員が心を合わせてる感じかな。 似てるところは副部長役のコハクち…

ミサトの旅:撮影快調

撮影は序盤が終り中盤に。今日も『今日の訂正台本』をミサトは読んでる。ここまでくればハッキリするけど滝川監督が撮影前に話してた、 『写真小町と呼ばれる美少女が撮った写真を巡って、不思議な話が展開する』 これではなくなったと思う。だって舞台は高…

ミサトの旅:クランクイン

台本が届いて読んでたんだけど、ミサトの出るシーンは多くないのよね。中心は冒頭部の写真小町が写真を撮るシーンと、補足するような回想シーンぐらい。セリフも無くて共演もいないとしか読めない。 これだったら一ヶ月も必要ないどころか、一日で撮れそうじ…

ミサトの旅:滝川監督

映画出演なんてトンデモないけど、とりあえずサキ先生のところに相談に行くことにした。サキ先生はオフィス加納の動画部門のチーフ。とにかくゼロに近いところから立ちあげた叩き上げかな。 メインの仕事はCM、さらに企業や自治体のイメージ・ビデオ、ミュ…

ミサトの旅:思わぬ話

オフィスのバイトも終わって、無事、無事だよ、バイト代をもらえた。ちゃんと銀行に預金できたから、あれは子ども銀行券でも、どこぞの外国の紙幣でも、偽札でも、木の葉でもない。次は振り込みにしてもらう。バイトが終了して家に帰る時に、六階の七号室の…

ミサトの旅:女神の調査

「コトリちゃん、悪いな」 「水臭いで、ミサトさんもここの仲間やないか」 尾崎と写真サークルの伊吹の間に何かが起こったのはわかった。それが尾崎の伊吹への指導が原因なのもわかった。だから二人を再会させる段取りをしたのだが、尾崎の反応は意外という…

ミサトの旅:心の放浪者

大学に戻りツバサ杯の応募作品を撮り上げました。オフィスで教えられたことを一〇〇%活かしたつもりです。喫茶北斗星で先輩達に見てもらいましたが、 「こ、これは・・・」 「なんという・・・」 「ここまで・・・」 ボクの目から見ても格段に変わっています。ここま…

ミサトの旅:麻吹つばさのハート

出口の見えない地獄の底でもだえ苦しむ日々を過ごしました。とっくの昔に日付の感覚はなくなっています。そんな時に星野先生に家に再び招かれました。麻吹先生は、 「わかったか伊吹。ここではこれぐらいは当たり前だ。その当たり前を尾崎はお前に求め、お前…

ミサトの旅:恐怖のバイト代

どこぞの世界にオフィス加納のプロの仕事のバイトがあるっていうのよね。次々に渡される仕事って、ガチの本業じゃない。どこも名前の通った一流企業の、それもどう見たって本気の仕事。あれ一本でいくらするんだろうって代物だよ。ホンマにミサトでエエんか…

ミサトの旅:体験生

麻吹先生に指定された時刻にオフィス加納に行くと。 「よく来たぞ伊吹。今からだが・・・」 「待って下さい。その前に聞きたい事があります」 すると麻吹先生は、 「それは後だ。聞きたければサトルの合格をもらってこい。話はそれからだ」 首根っこを引きづら…

ミサトの旅:ガラスのハート

関学から帰って、そのまま加茂先輩の下宿に。なにか当たり前のようにケイコ先輩がいて夕食の準備が整っています。 「みんな誤解していたのね」 「はい、あれだけ快活ですから、悩みなんてなさそうに見えますものね。でも・・・」 そこで三井先輩の話をすると、 …

ミサトの旅:悲話

「加茂先輩、その南亜希子さんって誰なのですか」 加茂先輩とケイコ先輩、さらにヒサヨ先輩や平田先輩はツテツテをたどってミサトさんの高校時代のことを調べてられます。あの尾崎さんの態度の裏に、きっと何か理由があるはずだと見ています。そこで浮かび上…

ミサトの旅:追想

言われたホテルに行って見るとミサトの荷物が運び込んであった。ビジネス・ホテルだけど機能的で使いやすそう。シャワーを浴びてベッドで寝てたら、また思い出しちゃった。サークル北斗星での伊吹君の指導。 あれって前科があるのよね。ミサトが部長の時にや…