RSウイルス流行

 当地だけでなく全国的に流行中のようです。RSウイルス感染症と言っても成人にはピンと来ないと思いますが、小児科医にとっては厄介な感染症です。発熱も39℃とか40℃が当たり前のように出るのはまだしも、呼吸状態の悪化に手を焼きます。

 ぶっちゃけすぐに気管支炎から肺炎を起こすのですが、これが痰がらみの湿性咳嗽が強いだけでなく、喘息様のものになります。そりゃ、聴診器で聞いても強烈なものです。音が強烈だけなら良いのですが、呼吸音の悪化は呼吸の悪化に連動します。

 あれこれ外来で手を尽くしても入院治療が必要な患児がどうしても発生します。診療所なので紹介入院で仕事は終わると言えばそれまでですが、神戸でも先週から紹介先病院が満床状態になっています。そりゃ、うちだけじゃないですから、あれだけ入院させればそうなります。

 ひたすら重症化して入院が必要にならないように祈る気持ちで外来をやっています。とにかく呼吸に関わる症状なので、切羽詰まると様子を見るなんて余裕がないからです。

 こうなってしまった要因はあれこれありますが、紹介先病院の医師の意見に納得すると言うか、震え上がる思いになっています。どんな意見かと言えば、

    去年のツケ
 去年から大騒動になっているコロナ禍ですが、これに対して国を挙げての感染対策が取られています。その効果についてあれこれ意見が出ていますが、小児科医からしたら信じられないほど著明です。

 世間では『風邪』の一言で片づけられてしまう市中感染症が見たことも無いほど激減しています。おかげでうちの診療所も閑古鳥状態でした。インフルエンザが一人も出てこない冬なんて初めてです。もう二度とないのじゃないかと思っています。

 それは悪いことではないですが、小児の市中感染症は成人と違い、必要悪として罹患して免疫を付けておかないと仕方がないものが多々あります。これが1年間休止状態になれば、どこかでツケが出るって事です。

 今はRSウイルスが噴出していますが、その他の待機している感染症がずらっと待っていることになります。RSだって一度に大流行しなければ、入院病床に困るほどのことはないのですが、短期間に集中すれば速やかにパンクします。それが今です。

 小児病床なんてどこの病院でも経営的には目の仇で集約化が進んでいますが、集約化された病床数は平年通りの入院患者に必要な分しかありません。これは成人のコロナ対応病床の逼迫でわかってもらえると思います。

 アクシデント的に入院必要患者が増えれば速やかにパンクするのは必然です。そりゃ、現在の医療において余裕とか、余力とか、冗長性みたいなものは親の仇みたいにガシガシ削られまくっているからです。

 コロナ対応病床の確保にも苦心惨憺がありましたが、小児病床も需要が増えたからと言って急には増えません。つうか増やしたところで、波が過ぎれば余剰病床化するのが目に見えているからです。もちろん小児に対応できるスタッフもすぐには増えません。

 これは当地だけの事情かもしれませんが、なんとなくマイコプラズマが増えている感触があります。さてどうやって対応していくかは・・・でたとこ勝負しかないのが町医者のお仕事ですよね。

ちょっとした喜びと疑問

 小説の発表はこのブログとカクヨムとNoteの三本立てでやっています。ブログが一番先行していて、次がカクヨム、3か月前に始めたのがNoteです。

 まずカクヨムですが閑散としたものでした。力量の話は悔しいので置いときますが、おおよそ1冊で35話前後で総アクセス数は200に行くのがやっとこさ状態です。単純計算で6人ぐらいしか読んでいません。一番多かったのが600ぐらいですから、これで15人ぐらいかな。

 あまりにも人気が無いので連続投稿するのをやめていたのですが、枯れ木も山の賑わいとばかりに新たな投稿をしてみたのです。そうしたら連日100を超えるアクセスがありました。素直に嬉しかったのですが、ここで疑問が出ました。

 ブログと同様に一日一話形式ですが、どうしてそれだけアクセスがあるんだってところです。毎日読んでいる人だけで100も150も来るはずがありません。だって最新話の当日アクセスは30~40だからです。

 そうなると新たなアクセス者が出ているはずです。出てくれるのは嬉しいですが、どこでその作品の存在を知ったのだろうです。そりゃ、知らなければアクセスするのは容易じゃありません。

 ふと思いついてカクヨムのトップ・ページに注目作品みたいにして出ているかと思ったのですが、いくら探しても無し。ですよね、カクヨムのトップに出てくる作品となるとPVが千単位どころか、万単位、十万単位がゴロゴロです。百単位で舞い上がっているうちとは桁が違い過ぎます。


 Noteのシステムは・・・こっちは投稿しかしていませんから殆どわからないのですが、週間で400程度のアクセスです。鼻で嗤われそうなアクセスですが、こちらも奇妙な現象があります。

 こちらも毎日投稿していますが、その日に投稿した部分への話へのアクセスは本当に少なくて一桁です。冗談抜きでそんなものです。ですが、ジワジワと増えるのです。

 この手のシステムは投稿日こそ新着として上位に出ますが、バズりでもしない限り果てしなく下位に追いやられます。どうやって過去の投稿を見つけ出しアクセスしているのかは謎です。


 謎は残りましたが解明に躍起になるほどのものではありませんし、今はアクセスがあっても閑散にいつでも転じる可能性はテンコモリですから、ミニ・バブルとして無邪気に喜んでおくことにします。たまにはこんな事が起こっても誰にも迷惑かかりませんしね。

ハイキング日和

 ハイキングは春と秋の趣味で合わせて10~15回程度出かけます。ちなみに夏と冬はヘタレで回避しています。登るのは六甲山系が中心で、電車・バスで動く制約もあって、せいぜい北摂、播磨の南の方ぐらいです。

 コースはハイキング・ガイドにあるところが中心ですし、長年の趣味なので何回も登っている山が多く、コースもよく整備されたところが多くなっています。

 ただ山は低くても舐めるなは金言で、かつては国土地理院の地図をプリントアウトしていました。ちょっと昔の話をすれば、亡父も里山歩きが好きでしたが、親父の時代に山岳地図を手に入れようと思えば、大きな本屋で買い求める必要がありました。

 それがネットで手に入る時代になって進歩を感じたものです。ただ地図を持っていても迷う時は迷います。迷う時は疲れていて間違った道に入り込んだ時ですが、山で一度迷うとオリエンがサッパリつかない時があります。

 地形を地図から読まないといけないとはなっていますが、木々に遮られて方角さえわからなくなるぐらいです。方角はコンパスでわかっても、地図上でどこにいるのか不明状態です。そういう時は、

    急がば回れ

 これが鉄則で元来た道にひたすら戻るです。さすがに、

    迷ったら登る
 ここまで迷ったことはありませんが、下りで迷った時に登って戻るのは辛い時があります。つうか、強引に下ろうとして痛い目に遭ったことぐらいはあります。


 山用地図はさらに進みGPS時代になっています。これがまあ優れもので、スマホで国土地理院地図で居場所をリアルタイムで示してくれます。街中でそうなのは皆様もご存じだと思いますが、山の中でもこれが当然のように出来るのです。

 精度もA-GPSとGPSの併用で高く、迷いかけたらすぐに修正できます。これは余談ですが山の中でもA-GPSのカバー範囲が広いのに驚かされます。さすがは里山です。

 欠点は・・・地図の縮尺は自在に出来るのですが、さすがにスマホ画面で小さいのはあります。それと昼間の屋外で見るので視にくいことがあります。

 それと欠点とは言えませんが、ハイキングに出かける前に地図を頭に入れとくのは必要です。どの辺に曲がり角とか、分岐路とか、目標物があるかです。里山でも登る前に地図で踏破しておかないとGPSがあっても迷いかねないと言う事です。

 それと、これは私のスマホが古くてバッテリーがかなり弱っており、頻回に位置確認をしていると電池切れを起こすぐらいです。ですからポータブルの充電器も携帯しています。

 先日は珍しく初見のコースに挑戦したのですが、地図の弱点が出てしまった次第です。これも山を登る人なら良く知っていると思いますが、国土地理院地図でも山道の表示は怪しいことがあります。

 簡単には地図に無い道があったり、逆に地図にある道がなかったりです。そういう時には判断が求められるのですが、先日の場合は、山道から車道に出るルートが無くなったです。この辺は微妙なところですが、地図上の山道と車道は近接していているが切れてました。

 これだけ近接しているので接続しているはずと高を括っていたのですが、つながっていないのです。一度目は車道が見えたので強引に下りて事なきを得ましたが、二度目が問題。

 登っている時からかなり怪しい道だったのですが、ちょうど地図上の道が切れるところで、完全に道がなくなっています。つうか、前面に小型の砂防ダムみたいなのが立ち塞がっているのです。しかしクルマの音は聞こえてきます。ここでのGPSですが、

 赤線が歩いた経路です。池を越えたところで道が切れていますが、車道まで50mぐらいです。距離が近いので無謀にも突破を試みました。まず東側にルートを取っていますが、これは稜線が見えたので、そこまで登れば車道なり団地が見えるのではないかと考えたからです。

 斜面をよじ登って上がれましたが、視界は広がらず、進むにも藪状態でした。GPSでは目前のはずですが無念の断念。

    急がば回れ
 せざるを得なくなりました。ちなみに上から2つ目の池のところで分岐路がありますが、この道は倒木がずらっと並ぶ状態でチャレンジをあきらめています。それにしてもここまで道があれば、つながっていそうなものですが、行ってみなければわからないものです。

 ここからの引き返しはかなり辛かったのと、そこから駅までのルートが歩道のない車道が多くてウンザリさせられました。それだけの話ですが、今春最長の16.5kmはけっこうシンドかったぐらいのハイキング日和でした。

 途中で出会った牛ですが、飼料が道路にあったのがおもしろかったので出させて頂きます。
20210601183300
 写真を撮った自分が悪いのですが、牛が柵越しに飼料を食べているのですが、飼料が置いてあるのはモロの道路です。道路はちゃんと舗装されたものでセンターラインはありませんでしたが、すれ違いに難儀するほどの細さではありませんでした。

 もっとも交通量は当然のように少なくて、その道路を歩いている間に1台も出会いませんでした。それ以前にこんなところに牧場があるのに驚いたのと、さらに近辺に3か所もあるのにビックリしました。こういう発見もハイキングの楽しみです。

大坂なおみ事件

 大坂選手の記者会見拒否宣言は賛否両論を巻き起こしています。プロであれば興行を盛り上げる役割があるとする意見も強かったですが、大坂選手の意見を支持するものもいます。うつ病の件はとりあえず置いておきますし、大坂選手が政治的な発言をされている事もあえて置いておきます。

 私の見解はプロとして興行を盛り上げるために記者会見をするべしです。プロ興行が成立するには、その種目が人気を集めなければなりません。つうか人気を集め続けるのがプロ興行のキモであり、すべてだからです。人気が集まれば収入も増え、選手への配当も多くなるのが興行です。逆は言うまでもありません。

 プロの興行ではスターは重宝されます。なぜ重宝されるかですが、必ずしもその選手の実力を評価している訳ではありません。スター選手として注目されることで観客が集まり、視聴権などを高く売る事ができるからです。

 身も蓋もない言い方ですが、良い成績を収めれば多額の賞金を手にすることが出来ますが、その代わりに興行の客寄せパンダとして働くことも同時に要求されているからです。そういう関係がプロ興行を成立させています。

 プロ興行が強いばっかりで人気のない選手ばかりでは成立しません。ここの人気とはベビー・フェースとは違います。ヒールであってもノー・プロブレムなのです。善玉であろうと悪玉であろうと人気が集まるのがプロ選手として求められることです。

 プロ興行においてスター選手の存在がどれほど重視されるかです。たとえばある欧米人気種目に日本人が活躍するとします。これが有力選手程度で、数も1人か2人程度なら歓迎されます。立ち位置は脇役のイロモノぐらいです。

 これが日本人選手が強くなって上位独占なんて事になれば排除のベクトルが速やかに起こります。これを人種問題と結びつけると話が複雑になりますが、純興行的に言えば日本人選手がいくら活躍しても観客や視聴者にそっぽを向かれるからです。

 覚えておられる方も多いと思いますが、日本人選手に不利なルール改定がドラステックに行われます。あれは興行として客を呼べない日本人選手が不要だからです。そう日本人選手では客を呼べるスターとして相応しくないの判断です。

 日本だって他人のことは言えません。わかりやすいのなら相撲です。外国人力士は異国の地で頑張っていると見られているうちはスター選手として重宝されますが、外国人力士が上位を席巻し優勝を独り占めしだすと排除のベクトルが働いています。

 異論もあるかと思いますが、相撲興行は典型的なスター・システムで、強い日本人スター関取が中心にいる必要があるとの判断です。とにかく商売ですからね。


 ですが大坂選手の意見も支持します。プロとして記者会見に臨むのは必要であっても、そこで何をされても良いとは間違っても思わないからです。大坂選手が記者会見を拒否したのは、記者会見などしたくないのワガママではなく、

    あんな記者会見はゴメンだ!
 この意思の表れだと考えています。欧米での記者会見の実態、また大坂選手にどんな質問をしたかは知る由もありませんが、日本の記者会見風景はあれが社会人かというぐらい程度の低い物がしばしば見られます。あまりにも無礼、不躾、傲岸てやつです。

 日本の記者の取材の常套手段にわざと相手を怒らせて本音を引き出すがあります。怒らすためには無礼、不躾、傲岸なんて当たり前で、外野から見ていると記者の態度に、

    あんた何様!

 こう感じざるを得ない者が多々あります。言ったら悪いですが被取材者を怒らせてこそ成功と確信している記者が多すぎるように感じてなりません。ですから大坂選手の事件の本質は、

    マナーのある記者会見
 これだと考えています。言っちゃ悪いですが、たかがテニス選手への記者会見です。疑惑まみれの政治家への記者会見ではありません。聞くのは試合内容、プレーの機微、感想などが中心のはずです。つうか記事を読む側が欲しい情報もそれだけです。

 そうですね。高校野球の記者会見ぐらいの慇懃さはあって良いと思います。あれだって全貌を知っている訳ではありませんが、まさかアマの高校生をわざわざ怒らせる取材を行っていると思えませんから。

 そういう記者会見であれば忌避しないと言うか、それさえ忌避すればプロ興行への参加者とは言えないと思います。それも嫌ならアマやっとれです。

 既製マスコミの問題点はネット時代になって暴露されていますが、それに対する反応は極めて乏しいと見ています。従来の手法は金科玉条であり、神聖不可侵としているとしか感じません。変えなければならないのは、取材する側の記者の意識だと考えています。

 大坂選手の場合はその他の諸々が付随していますから話が迷走しやすいですが、スター選手への記者会見はマスコミ側もメシのタネです。そう大元はwin-winなのです。そうですね、かつて情報を独占し、取材してやったからあの選手をスターにした、あの種目を興行として成立させてやったの意識が濃すぎる気がしています。

 時代は変わっています。かつての取材する側の立場が圧倒的に強い時代は終わりを告げつつあると考えています。そういう意味で興味深い事件でした。

子どもへのコロナ対策はどうなる

 ワクチン接種はドタバタでも進んでいますが、新型fluの時に猛威を奮った鉄の優先順位が早々に崩れています。そうなった理由は、

  1. 優先順位より接種率の向上が重いと見た
  2. 難航していたワクチン確保が好転した

 まずこれがあると見ています。他には、

  1. 五輪開催のために接種率をなんとしても上げたい
  2. 産業界の悲鳴からの圧力
 ここも単純化すればコロナ禍終息のためには接種率の向上が必要であり、そうしないとオマンマの食い上げが時間の問題の切迫感です。新たに動き出した職域接種は接種率の短期の向上には有用と見ています。

 職域接種が有利なのは整然と集団接種が行えるところです。高齢者の接種で苦労しているのは、予約者の募集と管理です。無駄ゼロ接種の厳命がありますが、別に予約をドタキャンしようが、ダブル・ブッキングにしようが罰則はありません。遅刻もそうです。

 ですが接種対象が職域となれば、被接種者の管理ははるかに容易で、当日の体調不良が起こっても差し替えは自在と言えるかと思います。無駄なく効率的に、さらに言えば計画的に接種が行えます。付け加えれば密の回避もやりやすいぐらいです。

 それならと思っていたら、中高生の集団接種の動きも出ています。これはファイザー製に12歳以上の適応が承認されたためです。学校であればさらに集団接種はやりやすい気がします。ワクチン端数の処理も教師まで含めれば融通が広がります。

 中高合わせれば1千万人ぐらいになりますし、1千万は人口の約1割ですから迅速に進めるべきと考えています。教師と学校医(及び協力医、医療スタッフ)の負担が増えるのは遺憾ですが、だらだらコロナに付き合うよりマシな負担じゃないかと思います。


 これでも小児科医ですから気になるのは12歳未満の子どもです。具体的には小学生以下になりますが、現実的にはワクチンの適用が広がらないと手の打ちようがありません。この辺がどうなっているのかも不明ですが、12歳以上の接種率が上がりコロナ禍に終息が見え始めた頃のことを予想してみます。

 これまた産業界の強力な要請があるでしょうから、どこかの時点で終息宣言みたいなものをして、GoToトラベルなりGoToイートみたいなものをまた展開するのも高確率で予想されます。去年だってやったのですから、コロナ禍に終息が見え出したらやらないわけがありません。

 そうなれば現在のギシギシの感染対策は緩和と言うより崩壊するでしょう。そうなってしまう事への批判は必ず出るでしょうが、これだけの期間、要請、要請であれだけの自粛を続けてきたのですから、緩みだしたら崩れ去るしか予想できません。


 そうなった時に小学生以下の子どもはどうするのだろうです。中学生以上が解放状態になるから小学生以下も右にならえはまず考えられます。つか、そうなるのが一番あり得そうです。ここまでで得られているコロナの知見は、若年者、とくに子どもは軽症に終わることが多いです。

 ここでの不安要素は変異株の台頭です。これもまだ不確定な部分が多いのですが、オリジナルより感染力が強く、若年者でも重症化率が高いのではないかです。さらに言えばワクチンがありませんから、ずっと無防備な状態に置かれます。その観点から今までの感染対策を継続する意見も出て来るかもしれません。

 コロナ対策のもう一つの側面は、医療がどれだけ応需できるかがあります。たとえ重症者が出ても医療がそれを応需できれば良いぐらいです。成人では一部地域で破綻状態になったのは周知のことです。

 ですから子どもの場合でも、重症者が発生しても医療がカバーできれば良いとの考えかたも出て来ます。ですが小児医療戦力は成人よりさらに貧弱です。たとえば見たいな話ですが、当地ではRSが流行しています。

 RSは重症化すれば呼吸窮迫を起こすので入院治療が必要になりますが、すでに満床状態です。これもRSなら市中感染症扱いでの入院にできますが、コロナとなれば数倍のリソースを消費します。それなり程度のコロナ流行が発生すればすぐにパンクしそうな気がしてなりません。

 うだうだ考えていましたが、接種先行国では子供にワクチンを打たなくとも問題になっていないようですし、変異株の子どもへの脅威もまだ先走り情報レベルです。そう、子どもへのコロナ感染の影響は限定的になる可能性は高いですし、12歳未満へのワクチン接種も拡大されるかもしれません。

 結局のところ、これももまた日本での接種率が向上し、コロナへの感染対策が緩められないとわからないですね。