アングマール戦記:ゲラスの戦い(2)

    「急使!」
 エレギオンにゲラスの戦いの結果の第一報が入ったのは明け方近かった。ちょうど朝の祭祀の時間やったけど、中止になり報告を聞いたわ。内容は、
    「セカ将軍はゲラスの野にてアングマール軍と戦い、これを撃退せり」
 まず負けなかった点でホッとしたけど『撃退』の表現が気になって仕方なかった。その後も続報が次々に入ったけど、かなりの大激戦であったのはすぐわかった。血の気が引きそうになったのは戦果報告が届いた時。死傷者が三割に及び士官の七割が討死していた。これでエレギオン同盟軍が崩壊しなかったのは不思議なぐらいの大損害だった。やがてセカから合戦の詳報が届いた。
    「コトリ、どう思う?」
 セカの取った戦術に基本的に誤りはなかったとまず思った。弱兵の上に錬度の低い同盟軍では細かい戦術は不可能で、ひたすら数で押して中央突破を図ろうとしたと見たわ。それにしてもアングマール軍の錬度が高いのに驚かされた。だって、セカが横陣を敷いたのを見てから半月陣に素早く組み直しているんだもの。あんな芸当は今の同盟軍には絶対無理だもの。

 アングマール軍の動きは巧妙だった。横一列になって進むエレギオン軍が最初に接触するのは先頭の中央部の部隊。これでは大軍の利を活かしにくくなる。そこでセカは右側に回り込まそうとしたみたいだけど、見透かしたように退いてるわ。退くと左右のアングマール軍が戦列に加わることでカバーしてる感じかな。セカはひたすら押したけど、アングマール軍の最両翼は一歩たりとも退いていない。結果として同盟軍は戦闘開始時と逆で中央部が突出して左右が後ろに弓なりに展開する形にされてしまってる。

 これでも兵の質が互角なら中央突破も可能だろうけど、この時点でエレギオン軍の中央部は相当消耗させられてた。アングマール軍が戦術的後退をやめて踏みとどまっただけで崩れそうになっちゃったんだ。これはもう兵の質の違いを見切られていたとしか言いようがないわ。

 でもそこからセカは踏ん張った。手持ちの駒を次々に投入してなんとか中央部の崩壊を防ぎ切った。そうしたらアングマール軍は左右からの圧迫を強めたんだ。セカは必死になって隊列を守り徐々に退いて行った。そうはさせないとアングマール軍の攻撃は熾烈を極めたけど、なんとか横陣になんとか戻したってところかな。

 ただこの隊列整復に払った犠牲は莫大だった。でもその犠牲を払わなければ同盟軍は壊滅的敗北を喫していたと思う。アングマール軍が勝ちきれなかったのは、最後の最後に兵の疲れが出たで良いと思う。質では勝るアングマール軍だったが、数の不利による疲労のために最後のもう一歩が届かなかったぐらい。

 それにしてもの犠牲だ。エレギオン中が悲しみに包まれている。エレギオン軍は中央部を受け持ったから死傷者は五割を越えている。ユッキーも、三座や四座の女神も、いやコトリだって悲しみに耐えている。だって四女神の男たちもすべて戦場に散ってしまった。でも今は悲しみに浸っていられない。ここで四女神が泣き崩れたらエレギオンが崩壊してしまう。

    「コトリ、第二次派遣軍は出来るだけ早くマウサルムに進ませてセカに合流させるわ。士官の補充は養成所の連中を動員して間に合わせる。それと三座の女神と施療院のスタッフをマウサルムに派遣して治療に当たらせる」
    「セカはどうするの」
    「派遣軍と合流したらクラナリスに進ませる」
    「セカじゃ無理じゃない」
    「違うよコトリ、誰が指揮しても苦戦してたよ。たとえコトリが指揮を執ってもね。あの苦戦を乗り越えないとエレギオン軍はアングマール軍に永遠に勝てないわ。セカは優秀よ。この戦いの教訓を決して無駄にしない」
    「それにしても犠牲が大きすぎる気が・・・」
ユッキーの目にひとしずくの涙が流れていた。
    「わたしの見通しが甘かったのに何を言ってもイイわ。苦戦の度合いは予想をはるかに上回ってた。アングマールは思ってた二倍は強いのを思い知らされた。でもコトリ、わたしたちはこれに勝たないといけないの。どれだけの犠牲を払い、血を流そうとも」
唇を噛みしめているユッキーの横顔を見ながら、辛くて長い戦いになるのだけは良くわかった。

アングマール戦記:ゲラスの戦い(1)

 モスランへの援軍派遣はやっぱり遅れた。エレギオンも平和ボケで『戦争ってなんのお祭り』状態だったし、他の都市も似たようなものだったのよ。それこそ武器庫から装備を引っ張り出して、埃を落とすレベルから始まったものね。だからエレギオン同盟軍がマウサルムに集結した時には既に三ヶ月が経とうとしていた。

 この間にアングマールはモスランを落としただけでなく、カレム、ウノスと陥落させ、クラナリスに進む動きを示していた。ここまで集まった情報ではアングマール軍は数こそ劣るものの、かなり精強であるとなってたんよ。アングマールは軍事国家で、国を挙げて精鋭を養成してるみたいだった。

    「ユッキー、やっぱりコトリが行く」
    「ダメ!」
 アングマールはクラナリスに向かって動き出したとの情報に呼応して同盟軍もクラナリスに向かって進んだの。もうこれ以上はアングマールの勢力範囲の拡大を許すわけにはいかなかいって判断だったと思う。エレギオン同盟軍の動きを察知したアングマール軍はクラナリスを放置してゲラスの野に進んできた。エレギオン同盟軍もこの動きを知ってゲラスに進んだわ。

 コトリはこの動きを聞いて不安やった。動き自体に不自然さはないけど、セカはアングマール軍の罠にかかっているとしか思えなかったの。報告を聞く限りエレギオン同盟軍の方が多いのよね。一・五倍から二倍程度ってところかな。この兵力差なら決戦の選択は常識的やけど、誘っているのはアングマールなの。

 数が少ない方が決戦を誘うってことは、数の劣勢を補う作戦があるって事になるの。たとえば密かに本国から増援軍を呼び寄せてるとか、なにか新兵器を用意してるとか、予め決戦場に罠を仕掛けてるとか。そうなの、決戦は誘い込んでするもので、誘われてする時は細心の注意が必要ってところ。エレギオンの神殿でイライラしながら報告を待っていた。

    「セカ将軍、隊列は組み終りました」
    「アングマールもそうみたいだな。いよいよ行くか。角笛を吹き鳴らせ、決戦だ」
 ボクはセカ。エレギオンの貴族にして将軍。首座の女神様に遠征軍を任されてます。出陣に際して次座の女神様は心配されてました。
    「セカ、合戦は天地人のどれが欠けても負けることがあるの」
    「わかっております」
 天候については晴れで雨はなさそう。人については見渡す限りやはりエレギオン軍の方が二倍はいると見て良さそうです。さらに使ってる戦法はエレギオン同様にファランクス。残った問題は地形です。

 ファランクスの弱点は右側になりますが、押し込まれた場合に右を攻められまいとして右に右に斜行する傾向があるのは知っています。そこは数でカバーできると踏んでいます。

    「セカ、とにかくエレギオン兵は弱いのよ。崩れたらオシマイなのは十分に注意して」
 ボクの取った戦法は優位な兵力を活かした中央突破です。大軍に小細工は不要ですし、実戦経験の浅いエレギオン軍に小細工は不向きで、却って混乱から崩れを招くの判断です。横一列の横陣で隊列を厚くして押しまくることにしました。

 アングマール軍は少し変わった陣形を取りました。エレギオン軍が横陣を敷いたのを見て変化させてきたのです。決戦直前にあれだけ鮮やかに隊列を組みかえられるのを見て不安を感じたのは確かです。

 アングマール軍は中央に軍団を置き、そこから左右に斜めに引いたような陣形です。半月陣とも山型陣とでも言えば良いのでしょうか。戦いが始まるとアングマールの中央部の軍勢とまず接触します。アングマール兵は強いのですが、時間が経つとじりじりと後退していきます。右に回り込みたいところですが、エレギオン軍は十分に崩せずに引き込まれるように押していくことになります。

 アングマール軍の中央部は戦いながら徐々に引くのですが、両翼は強力で引いてくれません。同盟軍の戦列は真ん中が膨らむ弓なり型になっていきます。そうこうしているうちに、アングマール軍の中央部も踏みとどまります。ちょっと拙いんじゃないかと感じたら、アングマール軍の左右の圧迫でエレギオン軍が動揺し始めています。

 これで左右の圧力でどこかが崩れたら大敗です。ボクは幕僚たちを次々に派遣して必死になって支えました。何度か崩れそうになったのですが、手元にあった予備隊を次々に戦列に投入して必死に支えます。もうボクに余裕も何もありません。ガップリ四つの戦いが続きましたが、強兵のアングマール軍は個々の戦闘ではエレギオン兵を次々に倒します。

 最後は陣営守備の兵も総動員して支えて、やっと崩壊寸前の隊列を維持しきりました。最後は数が物を言ってくれて全面崩壊こそ逃れましたが、一部では乱戦になりかなりの被害を蒙っています。なんとか日暮れまで持ちこたえてアングマール軍も兵を退きました。追撃する余裕もなくエレギオン軍も退きました。

 戦果と損害を確認しましたが、被害は死傷者が三割に及んでいます。とくに、崩壊しそうな戦線を支えに走り回った士官の損害はまさに甚大です。生き残った幕僚は三分の一もいませんでした。これを勝ったというのでしょうか。どうみても『負けなかった』だけです。アングマール軍にも少なからぬ損害は与えたと思いますが、死傷者数は一対三ぐらいと概算されます。

 それより何より初めてみる戦場の凄惨さに戦慄しています。とにかくアングマール軍は強いのはよくわかりました。この決戦に安易に挑んだボクの責任は重大です。次座の女神様は、

    「戦いはどれだけ準備して臨むかがすべてなの。安易な勝算は命取りになるからね」
 この言葉の重さを噛みしめています。アングマール軍はあの数で勝てる戦術を駆使していたんだと痛感しています。数は合戦の重大要素ですが、その数の劣勢を知っていても決戦を挑んできた点を軽視し過ぎたと思うばかりです。血で払われた高い授業料でしたが、同じ失策は二度としません。

アングマール戦記:エレギオン軍(2)

 ユッキーが将軍に選んだセカも士官貴族。女神に選ばれても良いぐらいの男として良いと思う。選ばれへんかったんは、ちょうど、どの女神にも既に男がいただけの理由。主女神入れても五人しかおらへんからタイミングの問題ってところ。そういうことで資質は優秀やってんけど、とにかく実戦経験に乏しいのがコトリは心配。

 机上の戦術には問題ないねんけど、実際の戦場は色んなことが起りすぎるんだ。一番の問題は机上の場合は、軍勢は駒で多い方が勝つぐらいに判断されるんやけど、エレギオン軍は多くてもすぐに崩れやすいのよね。そこまで計算しないと戦争では勝てないのよ。

 当時の戦術は重装歩兵によるファランクスが基本。左手に大きな盾持って、右手に槍を構え、密集体型で敵と戦うスタイル。相手の攻撃を盾で防ぎながら、槍で攻撃する感じかな。そうしておいて、最前列の兵が倒れたら次列の兵が繰り上がって戦っていくの。

 ファランクスは正面の攻撃には強いんだけど、すらっと並んだ一番右側に弱点があったの。左手に盾を持つんだけど、その盾は自分の左側と隣の人の右側をカバーするの。それぐらい密接した陣形やねんけど、一番右側の人の右半身には盾が無いのよ。その分だけ防御力が落ちるってところ。

 ファランクスの欠点は他にもあって、ガチガチの密集隊形だったんで機動性に欠けるのよね。素早く前進なんてできなくて、ノロノロと動くって感じ。それと方向転換にも難があった。出来ない事もないんだけど、俊敏な小回りなんて期待しようもないってところ。この辺は、隊形の弱点が右側にあったんで、なるべく弱点を減らすために横長にするってのもあったからもあるのよね。

 つまり戦場であれこれコマのように軍勢を動かす余地が乏しいわけ。動かそうと思ったら、かなりの訓練がいるんだけどエレギオン同盟軍にはお世辞にも足りてないの。それと密集隊形の戦闘だけど、崩れたらムチャクチャ弱くなるの。ファランクスの強さは隊列を保ってこそのもので、崩れたらコテンパンにされて全滅に近い損害を受けちゃうんだ。

 セカだって良く知ってると思うけど、頭でわかってるのと、実戦は違うから心配。とにかくセカが考えてるよりはるかにエレギオン兵は弱いのよ。高原都市兵だってアテにならいと見た方がイイの。それでどう戦うのかを考えなくちゃいけないの。合戦はね、合戦に至るまでの準備が大事なのよ。セカは、

    「次座の女神様、御心配賜り恐悦至極にございます。教えを忘れず勝利の報告をお届けします」
 そうは言ってくれたけど、幕僚連中も心配なんだよな。幕僚は士官貴族だから質は悪くないんだけど、あの連中も経験が無いんだよ。そのうえ、久しぶりの実戦で気負いが目立ちすぎている気がしてならないの。それとあの連中は、プライドが高いのはイイんだけど、真っ直ぐすぎるのよ。士官クラスが真っ直ぐなのはエエけど、指揮官クラスは狡猾ぐらいでなくっちゃいけないの。

 個人の戦闘なら相手によっては正々堂々もアリかもしれないけど、軍勢になると負けたらエレギオンごと傾いちゃうのよ。『わかってます』と口ではいうけど、バカ正直に決戦に突っ走らないか心配で仕方がないの。そりゃ、コトリは女神の戦術が使えるから同じとは言えないけど、どれだけ知恵を絞れるかが勝敗をわけてしまうのよねぇ。ユッキーにも相談したんだけど、

    「ユッキー、だいじょうぶかな」
    「数の差があるから勝てると思うけど」
 数がいたって崩れたらオシマイなのが合戦なの。だからセカにはある秘策を教えといた。これは数を活かすには絶対の秘策だとコトリと思ってる。問題はセカが素直にコトリのいう事を聞いてくれるかなのよね。どうしたって女だからとバカにしている部分がありそうで心配で、心配で、
    「やっぱりコトリが行く」
    「ダメ、今回はコトリが出ない方が良いの」
 ユッキーはどうしてもウンと言ってくれないの。ユッキーには何が見えてるんだろう。とりあえずユッキーは兵糧の備蓄と、第二次の派遣軍の編成に取りくんでる。同時に武器の増産もね。投槍や、矢はいくらっても余るものじゃないし、槍や刀だって、戦えば消耗するわ。鎧や兜もそう。そんなユッキーから相談も受けたの。
    「コトリ、教育も変える」
    「どこを」
    「体育を強化する」
    「かけっことか、水泳とか?」
    「軍事教練」
    「まだ子どもだよ」
    「子どもも大人になるの」
 これでユッキーが見えてるものが少しわかった気がする。アングマール戦は半端じゃない覚悟で取り組んでるって。コトリも一生懸命見たけど、そこまでは見えなかった。でも、見えてる範囲での印象は甘くなさそうな事だけはわかるわ。今はユッキーを信じるしかないけど、なんかやっぱり不安。

アングマール戦記:エレギオン軍(1)

 コトリにしたらとにかくエレギオン軍は弱いから不安がいっぱいやった。エレギオン軍も都市防衛ならかなり頑張れるんだけど、とにかく野外会戦には弱いの。これはハムノン高原制圧戦で思い知らされた。それに高原制圧戦時代はまだ戦を知っているものが多かった。エレギオンもよく攻められていたから。

 それと高原制圧戦ではエレギオン軍は弱かったけど、高原諸都市の兵は長年の覇権争いのために強かったのよ。だからエレギオン軍にザラス・マウサルム軍が加わっただけで、レッサウなんてすぐに降伏したぐらい。ただ高原諸都市の武力も二百年の平和で地に落ちてると思うのよねぇ。

 エレギオン兵は弱いんだけど、士官クラスの養成だけはやってた。これも実は大変で、食えない時の農民重視政策、カネがない時の職人重視政策のツケがたんまり出てて、士官養成所みたいなものを作ってはみたけど不人気の塊になってもてん。

 ちょっと話が長くなるねんけど、エレギオンにも貴族はおったんよ。ほいでもエレギオン貴族と言うても、国の成立からわかると思うけど、そんなゴッツイ門閥があった訳やないのよ。それに食糧事情がずっとギリギリやったもんで、貴族の私領を一切認めてなかったんよ。そんなんする余裕すらなかったってところ。貴族になったのは純粋に功績に応じたもの。

 国に対して大きな功績を挙げたものに対して爵位を授与し、年金みたいに爵位給を払っていたぐらい。これだって主女神が目覚めてるうちは全員永代だったけど、眠ってからの新たな貴族は子までに制限された上に、子が半分で打ち切り制にしてた。この辺はコトリが身分制を嫌いやったのが大きく影響してる。

 さらに永代貴族も二代貴族に移行させたった。そりゃ、もう反発喰らったけどコトリは譲る気はなかったのよ。ただねユッキーが言うのよね、

    「無駄飯食いの使い道はあるから、わたしに任せてくれない?」
 ユッキーはまず貴族の爵位給を三分の一まで削ることにしたのよ。こっちの方がコトリはビックリした。そうしておいて、削った予算を士官給に振り向けたの。そこでさらに条件を付けたのよ、
    『士官になった貴族は初代貴族として遇する』
 コトリの二代貴族制の骨抜きにも見えんこともなかったけど、見方を変えれば貴族が貴族でいたかったら、士官になる以外に道しか残さなかったってこと。もちろん反対は多かったけど、そこは女神政治、反対する者は災厄の呪いをかけて封じ込んじゃった。ユッキーの無駄飯食いの活用法とは貴族をもともとの貴族用予算で不人気の士官にしてしまうことだったの。

 最初はゴタゴタあったけど、年月とともに定着してくれた。とりあえず言うても貴族やから士官養成所の格が上がったの。それとあの頃はズオンやらリューオンやからの断続的な攻撃があり、そこで武勇を示すのは自然に国民から敬意をもって見てもらえるようになったの。

 そうなると貴族やからプライドがくすぐられたみたいで、士官であることに強い誇りを持ってくれるようになったの。戦場でもホンマに頼りになった。とにかく兵が弱いから、これを優秀な士官が支えるって感じかな。あの士官連中が支えてくれんかったら、エレギオンは滅んどったかもしれん。

 士官人気が上がったのは、これは特権やなくタマタマが多かってんけど、ユッキーもコトリも、さらに三座や四座の女神も士官貴族を自分の男に選ぶケースが多かってん。通商同盟が出来るまで断続的に戦争はあったし、そこで命を懸ける男に憧れてしもたってところ。やっぱり女って強い男に憧れるところがあるものね。

 この辺はユッキーの男には例外が多かったけど、ユッキーに選ばれた男は貴族でなくとも士官養成所に入ってた。これも士官養成所の特例みたいなみたいなもので、士官になれば世襲貴族でなくとも在任中は貴族に準じる扱いにするってのもあったから。

 なんちゅうかな、士官になるってのはエレギオンではイコールで貴族であり、女神の男に選ばれる予備軍みたいな位置づけになってた。そして誰もが女神に選ばれても恥しくない男になろうと自分を磨いてたと言えば格好良すぎるかな。そやから世襲貴族やなくても、誇りに燃えて士官養成所に応募して来るものも増えてた。もっとも単に女神狙いもおったけど養成所に入ると周囲に感化されてたぐらい。

アングマール戦記:北からの侵入者(2)

    「首座の女神様、モスランが囲まれました。至急援軍をお願いします」
 モスランはクル・ガル山脈の麓に位置する山岳地帯にある都市国家。エレギオンからは一番遠く、ズダン峠から一番近い都市。
    「相手は」
    「アングマール」
 アングマールはクル・ガル山脈の北側にある都市国家。この地域にも五つの都市国家が成立し、最新の情報では長年の抗争の末に盟主的な立場に就いていた。ただ、敵対姿勢はこの頃は見せておらず、友好の使者が去年に来たぐらいだった。ユッキーの判断は早かった。
    「お役目ご苦労。エレギオンは必ず援軍を派遣します。下がって休んで宜しい」
 そこから王や大臣たちを呼び出しての緊急会議。ユッキーも相当飲んでたけど、明日に回せる問題ではないのはわかったわ。会議室に向かう途中でユッキーは、
    「コトリ、悪いけど大祭は中止にするわ」
 えっ、と思ったけど、モスランからの使者の様子は尋常じゃなかったから、しゃあないとは思った。でも未練たらしく、
    「やっぱりダメ?」
    「我慢して!」
 酔っててもさすがにユッキーで、こういうところは厳しいわ。会議になって王や大臣たちも集まって来たけど、時刻と時期のためか誰もが真っ赤、フラフラしてたのもいた。本格的な戦争なんてここ二百年ばかりなかったから大祭近しで、みんな飲んでたみたい。女神も他人のことは言えないけどね。ユッキーがモスランからの使者のことを伝え大祭の中止を話しても、
    「大祭が終わってから考えても良いんじゃないですか?」
 こんな意見の出る始末。それだけじゃなくて、
    「モスランに援軍を送るとしても、今からじゃ間に合うかどうかわかりませんし、アングマールもモスランを落とせば帰国すると思います」
    「モスラン陥落後にアングマールの動きを見てから考えても良いかと」
    「そうだそうだ、大祭が終わる頃には情報も増えるでしょうし」
    「どっちにしても明日もう一度考えるで今夜はこれぐらいにしましょう」
    「それに援軍を派遣すると言っても、軍勢がいないし」
 ふと見るとユッキーの顔が怖いものになっていた。ここ二百年ばかり見てなかったほど怖い顔。
    「王よ、非常時に備えての軍備の整備を命じていたはずだが」
    「えっ、まだ、その整備中でして」
 聞きながらヤバイと思った。ここ二百年ばかり平穏だったもので、王にしろ大臣にしろユッキーが本当に怖いところを見たことがなかったんだよ。あいつらにしたら、先祖代々見たことがないレベル。女神と言っても、しょせんは女だと舐めてる様子がわかったもの。コトリはこっそり、こっそりとユッキーから距離を取ったんだ。そしたらやっぱりだった。会議室の花瓶から花を抜き捨て、それはそれは怖い顔をして宣告したよ、
    「主女神に代わりて首座の女神が宣す。エレギオンは女神大権下になれり」
 そういうと花瓶の水を王や大臣にぶっかけたんだ。エレギオンは平時には女神が指名した王が行政を司る政治スタイルなんだけど、非常時には女神が独裁権をいつでも握れるようになってた。非常時でも王が有能なら任せていたけど、能力が足りないと判断されると女神大権が発動されるの。

 発動は首座の女神であるユッキーがいつでも出せることになってた。それとこれもいつからだったかコトリでさえ忘れちゃったけど、女神大権が宣せられる時には花瓶の水をぶっかける慣習があったの。王や大臣たちにしたら話には聞いたことがあるレベルでビックリしたと思うけど、コトリは前にぶっかけられたことがあったから避けてたってところ。

    「直ちに兵を招集し、諸国に出兵の要請を伝えよ。リューオン、ハマ、ベラテとはハマにて合流。高原諸国はマウサルムに集結。王は罷免、セカが将軍となり全軍の指揮を執れ」
 静まり返る会議室は静まり返ったんだけど、ユッキーは重ねて、
    「何をしておる、直ちに動かんか」
 酔いもどこへやらで、大臣たちは大慌てで部屋を出て行ったわ。そりゃ、ユッキーが完全に氷の女神になったんだから、怖いなんてもんじゃなかったもの。前王はその場で悔悟院送りになってもた。大臣たちが転げながら会議室を出た後に、
    「ユッキー、セカでエエんか」
 ユッキーは思念を凝らしているようだったけど、
    「今回はセカでなんとかなると思う。ちょっと苦労した方が良いと思うし。それと次に外征軍を率いる時にはわたしが出る。コトリにばかりに汚れ仕事はさせられない」
 どちらが外征軍を率いるかはそこでもめたけど、その時は保留にしたんだ。その夜からエレギオンは軍勢の編成で大騒ぎになった。祭り気分は吹っ飛び、武器庫から次々に鎧や兜、槍や刀、さらには弓矢が取り出されて、兵に渡されていった。ついに平和は破られ、宿敵アングマールとの戦いが始まる夜となった。