Win10苦戦記

 ついにWin7のサポート終了が迫り、アップデートを余儀なくされました。これは去年から言われていまして、Win10がインストールされた新しいPCもスタンバイしていました。とは言うものの若い時と違って、新たな環境構築は億劫でノビノビにしていたのです。

 年末年始にやることに決めていましたが、これもズルズルと着手が遅れ、やっとこさ正月三日からスタートです。とりあえず久しぶりに起動したら、テンコモリのメイルと貯まりに貯まったアップデートで一時間はラクに経ったぐらいです。

 ここまでWin10への移行が遅れたのは、愛用の骨董品ソフトが業者曰く、

    「そんなもん動きまっかいな」
 とくに大ネックというか論外にされたのがLotus123 97。Excelに移行し損ねたツケです。まあ23年前のソフトですから、そう言われても仕方ありません。他にも20年クラスのソフトがゴロゴロ、それも現役で愛用中ですから頭を抱えた次第です。

 それでもググってみるとLotus2000なら動かせる方法があるとあり、Lotus2000が動くなら97だってでトライ。苦戦の末ですが、なんと動くじゃありませんか。それだったらと他のをトライ。これも業者に、

    「買い替えて下さい」
 あっさり言われたIllustrater。そんなこと言われても困るぐらい高いのですが、CS6には最初から64bit版があり無問題でOK。絶対無理とされたHomepage Bulder V6もOK。ハードルがさすがに高いと思っていたPhotoshop 7もOK。ScanSnao S1300はちゃんと富士通が対応してくれていました。

 この辺のソフトが必要なのは小説のためで、Lotus123は幕末からの年齢管理、IllustraterとPahotoshopは表紙絵と挿絵の作成、Homepage Builderはブログの表作りに必須だからです。

 小説といえば新しいWordはWin7時代のものとほぼ同じですが、それでも開いた瞬間に違和感が。そうフォオントが違うというか無いのです。代用フォントになってましたが、さてどうするかです。これも無ければ持っていけば入るとあり、問題なくスルスルと。 

 もうひとつですがFEPのユーザー辞書があります。これは遥かWX2から継ぎ足し、継ぎ足し使っていたのですが、業者曰く、

    「そんなもん入りまっかいな」
 トライしたらアッサリと。3日ほどあれこれやったら、実用レベルで使えそうな雰囲気になっています。Win10対応問題はMSが32bit対応をしていないからだそうですが、正直なところ、
    なんでやねん!
 いろんな理由があるのでしょうが、末端のローレベル・ユーザーにしたら迷惑なお話です。それでも128bitになるのは当分先でしょうから、当面は弥縫策でしのげたからヨシとします。それにしても、こういう作業が10年後なりに、まだ出来るかと言われると疑問の歳になったのを実感した正月でした。