志染の窟屋伝説 by 播磨風土記

播磨風土記美嚢郡のところを全文出します。

美嚢郡

所以号美嚢者 昔大兄伊射報和気命堺国之時 到志深里許曾社勅云此土水流甚美哉故号美嚢郡

志深里(土中中) 所以号志深者伊射報和気命御食於此井之時 信深貝遊上於御飯筥縁爾時勅云、此貝者於阿波国和那散我所食之時貝哉故号志深里 於奚袁奚天皇等所以坐於土者 汝父市辺天皇命所○於近江国摧綿野之時率日下部連意美而逃来隠於惟村石室 然後意美自知重罪乗馬等切断其筋遂放之 亦持物按等盡焼廃即経死 爾二人子等隠於彼此迷東西仍志深村首伊等尾之家所役也 因伊等尾新室之宴而二子等令燭仍擧詠辞 爾兄弟各相譲乃弟立詠其辞曰 多良知志吉備鐵侠鍬持如田打手拍子子等吾将為舞 又詠其辞曰 淡海者水渟国 倭者青垣奈々山投坐市辺之天皇御足末 奴津良麻者 即諸人等皆畏走出 爾針間国之山門領所遣山部連少楯相聞相見 語云為此子汝母手白髪命 昼者不食夜者不寝有生有死泣恋子等 仍参上馘如右件即歓哀泣還遣少楯召上 仍相見相語恋 自此以後更還下造宮於此地而坐之故 有高野宮少野宮川村宮池野宮 又造倉之処即号御宅村 造倉之処号御倉尾 高野里坐於祝田社神 玉帯志比古大稲女 玉帯志比売豊稲女 志深里坐於三坂神 八戸挂須御諸命 大物主葦原志許 国堅以後自天下於三坂岑

吉川里所以號吉川者吉川大刀自神在於此故云吉川里
枚野里因體爲名
高野里因體爲名

メジャーとローカルの二つの面白い点があったのでムックを加えてみます。


ローカルな注目点

皇位継承の血腥い政争を生き延びた億計王(於奚)、弘計王(袁奚)は匿ってくれた地に4つの宮を建てたとなっています

    有高野宮少野宮川村宮池野宮
このうち川村宮・池野宮は私も想像の働かしようがないのですが、高野宮は高野里に作られたとして良いと考えます。この高野里には
    高野里坐於祝田社神 玉帯志比古大稲女 玉帯志比売豊稲女
玉帯志比古大稲女・玉帯志比売豊稲女の2人の神がいるとなっています。でもって祝田社は現在も大宮八幡郡の中にあり祭神はこの2人となっています。大宮八幡宮と祝田社の関係ですが大宮八幡宮HPより

当宮は応神天皇を御主座に両側に八柱の神を配祀奉る。創建は定かではないが、古代より山上(現八畳敷)に磐境(古代祭祀様式)があり、人皇第三十六代孝徳天皇の御代には、既に山上に社祠が建立されており美嚢郡(ミナギノコオリ)高野里(タカヌノサト)の祝田社(ハフリタノヤシロ)と称し祀られていた。〔『播磨国風土記美嚢群の段』見出〕その後、天永二年(西暦1111年)烏羽天皇の御代に社殿を遷座したと伝えられる。

地元出身でありながら八畳敷がどこかが良くわからないのですが、参考までに三木城をムックした時の航空写真を見てもらいます。

宮の上の要害としている「宮」とは大宮八幡宮の事です。大宮八幡は宮の上の要害の麓付近に位置します。このあたりに古代の祝田社があり、その周辺を高野里と呼んでいた可能性が高そうに思われます。そうなると鷹尾山が高野里に関連する可能性は高くなります。鷹尾山は

    鷹尾山 → 鷹の尾山 → 鷹の尾 → たかの
現在は鷹尾山自体が切り崩されてしまっていますが、今でも墓地がありその墓地の事を「たかのの墓」と呼びます。ただ問題は見てもわかる様な高地であり山林ですから、果たして人が住んでいたかになります。農地としては不適ですから、高地に住んで川の近くを開墾していたぐらいの可能性は残りますが、これ以上は残念ながら不明です。もう一つ個人的に注目したいのは少野宮です。播磨風土記飾磨郡枚野里の謂れのところが気になります。

右称枚野者昔為少野故

「枚野と称するのは、その昔、少野であったが爲ゆえ」。美嚢郡の少野宮が枚野里にあったとは記載されていませんが、少野と枚野の関連性はどうなんだろうと言うところです。飾磨郡の方は新羅人新羅語で「ヒラノ」と呼んだから枚野里になったとなっていますが、美嚢郡の少野が枚野になったのならどういう訳だろうというところです。


メジャーな注目点・風土記の粗筋

応神・仁徳朝の系図を示します。

20150913142333

簡単に解説しておきますと「応神 − 仁徳 − 履中」まで親子で継承してきた大王位が突然「履中 − 反正 − 允恭」と兄弟継承に変ります。允恭には既に弟がいなかったのか親子継承になり、允恭の次は息子の安康になります。安康は暗殺されるのですが、安康は弟の雄略ではなく従兄の市辺押磐皇子への継承を考えていたとされます。そのために市辺押磐皇子は暗殺されます。

汝父市辺天皇命所○於近江国摧綿野

雄略の手を逃れるために市辺押磐皇子の息子である億計王・弘計王は志深里に逃げて潜伏生活を送ります。雄略の次は息子の清寧が継承しますが、清寧には子がなかったために億計王・弘計王が探し出されて皇位を継承するって筋書きが志染の窟屋伝説になります。


メジャーな注目点・探し出したのは誰だ?

清寧に子がなかったので探したのですから、探したのは清寧と思いたいとところですが、まずは日本書紀より

二年春二月、天皇、恨無子、乃遣大伴室屋大連於諸國、置白髮部舍人・白髮部膳夫・白髮部靫負、冀垂遺跡令觀於後。冬十一月、依大嘗供奉之料、遣於播磨國司、山部連先祖伊豫來目部小楯、於赤石郡縮見屯倉首忍海部造細目新室、見市邊押磐皇子々億計・弘計、畏敬兼抱、思奉爲君、奉養甚謹、以私供給、便起柴宮、權奉安置。乘騨馳奏、天皇愕然驚歎、良以愴懷曰「懿哉絓哉、天垂博愛、賜以兩兒。」是月、使小楯持節、將左右舍人、至赤石奉迎、語在弘計天皇紀。

三年春正月丙辰朔、小楯等、奉億計・弘計、到攝津國。使臣連持節、以王逭蓋車、迎入宮中。夏四月乙酉朔辛卯、以億計王爲皇太子、以弘計王爲皇子。

ほぼ播磨風土記と同内容ですが、清寧に子が無かったので発見された億計王・弘計王を迎え入れて皇太子と皇子にしたとなっています。でどうなったかですが、

五年春正月、白髮天皇崩。是月、皇太子億計王、與天皇讓位、久而不處。由是、天皇姉飯豐逭皇女、於忍海角刺宮、臨朝秉政、自稱忍海飯豐逭尊

白髪天皇とは白髮武廣國押稚日本根子天皇(= 清寧)なんですが、天皇崩御後に飯豊皇女が朝政を行ったと記載されています。つまり日本書紀には、

  1. 清寧に子がなかった
  2. 億計王・弘計王を迎え入れた
  3. 清寧の崩御後は短期間であったが飯豊皇女が朝政を行った
でもって飯豊皇女は

冬十一月、飯豐逭尊崩

崩、すなわち崩御したと記載されています。崩御の文字を使うのは大王の死の時になります。これが古事記になると、

御子、白髮大倭根子命、坐伊波禮之甕栗宮、治天下也。此天皇、無皇后、亦無御子、故御名代定白髮部。故、天皇崩後、無可治天下之王也。於是、問日繼所知之王、市邊忍齒別王之妹・忍海郎女・亦名飯豐王、坐葛城忍海之高木角刺宮也。

清寧が子を残さずに崩御したために、飯豊皇女が

    問日繼所知之王
これは飯豊皇女が大王位に就いていたと読み取って良い気がします。でもって古事記の展開は、
  1. 清寧に子がなかった
  2. 飯豊皇女が大王になった
  3. 億計王・弘計王を迎え入れた
こうなっており飯豊皇女が大王になり皇位継承者を探し出したぐらいのストーリーになります。


メジャーな注目点・飯豊皇女って誰だ?

日本書紀には、

以飯豐女王、列敘於億計王之上

つまり市辺押磐皇子の娘であるとしています。古事記

市邊忍齒別王之妹

つまり履中の娘としています。どちらの可能性が高いかですが、播磨風土記では億計王・弘計王の発見を喜んだのは

    汝母手白髪命
これは億計王・弘計王兄弟の母としか読めません。そうなると手白髪命の夫は市辺押磐皇子になります。微妙に絡んで来るのが判って頂けるでしょうか。論点を列挙すると
  1. 古事記によると清寧は子どもを作らずに崩御し、飯豊皇女が実質的に大王となっている(書紀でもある程度認めている)
  2. 風土記では億計王・弘計王発見の報告に喜んだのは母である手白髪命としている
  3. 清寧の名は白髮武廣國押稚日本根子天皇(≒ 白髪皇子)である
あくまでも推理ですが雄略が市辺押磐皇子を暗殺したのは事実らしいと見ています。一方で雄略崩御時にも、鉄板の後継者がいなかったと想像します。そのために結果的に一族の長老格であった手白髪命が即位したと見たいところです。後の推古天皇の時と似たようなケースです。つまりなんですが、
    清寧(白髪皇子)= 飯豊皇女 = 手白髪命 = 億計王・弘計王の母(市辺押磐皇子の妻)
こういう関係であったと考えたいところです。飯豊皇女は自分の後継者として、自分が市辺押磐皇子との間に産んだ億計王・弘計王を探し出したんじゃなかろうかです。そう考えれるのが一番辻褄が合います。日本書紀の記述で違和感があったのは、億計王・弘計王の発見のエピソードが非常に具体的に記述されているのですが、一方で雄略の子である清寧が、父である雄略が暗殺した遺児を喜んで迎え入れるだろうかです。いや億計王・弘計王がノコノコと清寧の下に現れるだろうかです。古事記に顕宗の事績が書かれています。

天皇、深怨殺其父王之大長谷天皇、欲報其靈。故、欲毀其大長谷天皇之御陵而、遣人之時、其伊呂兄意祁命奏言「破壞是御陵、不可遣他人、專僕自行、如天皇之御心、破壞以參出。」爾天皇詔「然隨命宜幸行。」是以意祁命、自下幸而、少掘其御陵之傍、還上復奏言「既掘壞也。」

父を暗殺した雄略を深く恨んでその墓を暴けと命令しています。これが清寧が存在せず、母である飯豊皇女が大王であったなら億計王・弘計王が身分を明かして名乗り出ても不思議有りませんし、大歓迎されても不思議有りません。


蛇足

播磨風土記より

    昔大兄伊射報和気命堺国之時
伊射報和気命とは履中天皇の事ですが「大兄」となっているので皇子時代の話と考えて良さそうで、「堺国之時」とは侵略・征服の事じゃないかと思っています。結果として履中の領地となった美嚢郡は息子の市辺押磐皇子に伝えられた可能性があると思っています。それだけでなく住んでいた可能性もあるかもしれません。伝承の世界にはなりますが久留美荘に皇子神という地名があります。これは市辺押磐皇子が仮宮を構えていた事に由来するとなっています。この辺になると伝承の世界もエエとこなんですが、市辺押磐皇子暗殺時に億計王・弘計王が逃げるにしても庇護者が必要って見方です。

全部憶測ですが、市辺押磐皇子が暗殺された時に当初は皇子神に仮宮を構えていた可能性ぐらいはあります。しかし雄略時代では、そうやって公然と住んでいること自体が危険と判断され、志深に身を隠したぐらいの考え方です。匿った「志深村首伊等尾」って人物は履中や市辺押磐皇子の部下であり、これを全力で匿った功績で4つの宮や、御倉が御褒美として与えられたぐらいでしょうか。

・・・てなところで今日はオシマイです。


補足

播磨風土記美嚢郡のところで「○」としているのは、遺憾ながら読めなかった文字だったのですが、なんとか読めました。環境依存文字なので画像で示します。

20150914190657

音読みで「かん」、訓読みで「もとめる」と読むそうです。