7周年と5周年

開院とHatena引越しが1日違いなので一緒でよいでしょう。記念日ネタも毎年やると困るのですが、今年のニュースとしてはPVがついに1000万を越えました。キリ番ネタは基本的に控えているのですが、さすがに次の1億までブログは続いていないのでしょうから、1回ぐらい祝っておきます。


まず本業の7周年ですが、先日「地味に忙しい」と書いたお蔭か「地味にヒマ」になってしまいました。それでもなんとか8年目に突入する事が出来ました。昨年もジェットコースターのような1年で、この時期は5月から続いた新型インフルエンザ騒ぎが小康状態になった頃です。つうか、5月、6月が新型騒ぎのために経営的には落ち込み、そのまま夏の閑古鳥外来に突入と言う惨状でもありました。

その代わりに夏から日本脳炎ワクチンがようやく再開され、地道に数をこなしていたら、秋には新型インフルエンザとワクチン接種で修羅場になったのも記憶に新しいところです。年内はこれに追いまくられ、これで冬に従来型のインフルエンザの流行が来ればと構えていたら、インフルエンザ流行はそのまま消え去ってしまいました。

ただ面白いもので、インフルエンザが流行しなければキッチリ他の疾患の流行があるもので、冬は適当に散らばって患者が来てくれたので良かった、良かったと言うところでしょうか。つぶクリとふつクリの中間ぐらいでふらふらしている経営状態ですが、ともかく8年目に進めたのは嬉しい限りです。


5周年の方は、よく続いているなと自分で感心しています。あくまでも「なんとなく」なんですが、美味しい医療ネタが最近少なくっているように思っています。まあ、これだけ書いているうちに少々のネタに私も読者も不感症と言うか、鈍くなったと言うか、頭に血が昇らずに冷笑できる様に進化しているのかもしれません。

そういう進化は必然なんですが、進化に合わせてエントリーを書くのは結構大変です。必ずしも受け狙いのために書いているのではないのですが、どうせ書くなら受けた方が嬉しいと思うのが人情です。ここら辺に微妙に温度差があって最近苦しんでいます。どうしようかなぁ? とくに今年になってからずっと摸索しているテーマですが、なかなか解答が見つからないところです。

休んでいる間に漠然と考えていたのは、もう少し簡略にしようです。一つ書くのに3時間も4時間も必要な状態はさすがに辛いので、せめて2時間程度で書けないかです。始めた頃は1時間もあれば書けていたのですが、あれこれと手を入れ始めて無闇に手間がかかっているのが実情です。さらに手を入れた割にはエントリーの質が必ずしも上っているわけではないので、無駄な部分をもうちょっと削ろうという試みです。

これも言うはやすしの部分が多いのですが、試行錯誤していく他はないかもしれません。


本業の方は石にかじりついても8周年を目指しますが、ブログの方は果たして6周年を迎えられるかは、来年の今ごろに乞ご期待です。たぶん続いていると思うのですが、1年は本当に長いですからね。日々が流れる速度は歳とともに猛烈に加速しているのですが、エントリーはなかなか手早くならないのがネックです。